ノロウイルスの感染力の強さ

 

ノロウイルスはとても感染力が強いといわれますが、いったいどれぐらい強いのでしょうか。

 

たとえば例を挙げると、ノロウイルスに感染した患者の嘔吐物を1グラム取り出したとしたら、その中にはノロウイルスの数が約100万個存在するといわれます。また、同じく糞便1グラムの場合だと、なんと1億個も存在するのです。

 

そのわずか100万分の1というごく微量(100個以下)が体内に入っただけでも感染する可能性があるのですから、感染力の強さがうかがえます。

 

そしてノロウイルスは冷蔵や冷凍の状態であっても死滅(失活化)することはなく、むしろ低い温度の方が長生きするとさえいわれています。

 

それでは、どうしたらノロウイルスを死滅(失活化)することができるのでしょうか?

 

現在、ノロウイルスの失活化の方法として、次の2通りが推奨されています。

 

@ 次亜塩素酸ナトリウム0.02パーセント(200ppm)溶液による消毒

 

A 熱湯(85℃以上の高温)で1分以上の煮沸

 

また、ノロウイルスの感染者の嘔吐物などが乾燥した状態でも、空気中に浮遊し飛沫感染することが判明しておりますので注意が必要です。

 

このように、とても感染力が強いノロウイルスは、乳幼児施設や学校、社会福祉施設など「集団施設」で発生した場合、ヒトからヒトへと一挙に拡大し集団感染を引き起こす危険性がありますので、予防対策の徹底が必要です。

 

また、病院や診療所などでは、ノロウイルスの流行期である冬シーズンには感染者が院内に殺到し、病院職員などを介して院内感染が拡大する可能性もありますので、特に注意が必要です。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加