魚介類は極力加熱調理を

魚介類は生が一番美味しい!・・・私もそう思います。

 

しかしながら、ノロウイルスの感染予防の見地から考えると、魚介類(特にカキなどの二枚貝)に関しては、極力加熱処理して食することが望ましいのも事実です。

それでは、いったいどのくらいの温度で加熱調理を施せばよいのでしょうか。

 

一般的には、「調理器具類の消毒」のところでも触れた「85℃で1分間以上」が目安となります。ただし、食品の場合、「食品の中心温度)芯温)が85℃以上」になるよう気を付けなければなりません。

 

この芯温というのが少々厄介で、とがった温度計みたいなもの(中心温度計といいます)を食品の中心部に刺して図る必要がありますが、なかなか温度測定が大変ですよね。

 

 

そこで、それに代わる目安として「調理の途中で食品の中心温度を3点以上測定し、すべてが 85℃以上に達していれば、さらに1分間以上加熱を続ける(煮物は1点以上を測定)」というのが厚生労働省のガイドラインに示されています。

 

意外と大変な目安ではありますが、一応目安として覚えておくとよいでしょう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加